法人案内

ごあいさつ

 社会福祉法人聖霊病院は大正3年現在地にヨゼフ・ライネルス神父様により創立、経営を聖霊修道女会に委託されました。そして、ドイツ人シスター4人が着任し、弱い立場にある人、病める人達に奉仕、献身的な介護を行い地域の人たちに親しまれてきました。
 昭和7年、慈善館を創設、県内の貧困家庭、入院患者の子女や孤児の養育、保育に努め、後に現在の児童施設、愛児園、乳児院、こども園の3施設となりました。又、平成18年には病院聖堂が金沢市指定文化財に登録され現在に至って居ります。当法人は、キリスト教の一人ひとりが幸せになれるように愛と奉仕を基本理念に、地域のその時の必要に応えていく事が使命と考えております。100年を越える歴史も私達の力だけでは何一つとして出来なかったと思います。
 社会福祉法人として、地域における様々な福祉課題、生活課題に主体的にかかわり公益的な取り組みを推進、その責務をはたすべく、今後とも地域の皆様方のご理解とご協力、ご支援をお願いいたします。

社会福祉法人 聖霊病院
理事長 新保 修三郎

理 念

聖母マリア

神からいのちを与えられた一人ひとりが、幸せになれるよう心身の癒しのために、キリスト教の愛と奉仕の精神をもって地域医療・児童福祉に貢献します。

法人概要

名 称 社会福祉法人 聖霊病院
代表者 理事長 新保 修三郎
事業概要 愛児園・乳児院・こども園・総合病院の経営
設立年月日 大正3(1914)年 7月 7日
所在地 〒920-0865 石川県金沢市長町1丁目5番30号
電 話 076-231-1295
FAX 076-231-3515
職員数 234名(2018年4月1日現在)

組織図

組織図

沿 革

 大正元(1912)年、ドイツ人カトリック宣教師故ヨゼフ・ライネルス師が北陸地方を巡視した際、人々に充分な医療が提供されていない事実を目の当たりにしました。ライネルス師は、ヨーロッパ、アメリカ等の国を遍歴し、献身的な努力によって募った寄付金を基金に、大正3(1914)年7月7日、現在の地に「聖霊病院」と名付けた医療施設を開設しました。

 当時の日本には現在のような保険制度がなく、生活困窮者に対する医療救済が講じられることは皆無でした。当院は、キリスト教の精神に基づき、すべての人に援助の手をさしのべ、一様に手厚い治療を施しました。それが伝わり、県内はもちろん、隣県からも多くの患者が来院し、「ドイツ病院」「お助け病院」と呼ばれ、その存在が広く知られることとなりました。

 人々に感謝される一方、この行為は病院経営に大きな犠牲を強いることとなり、財政上の危機は長く続きました。しかし、創立者ライネルス師が東奔西走し超人的な活動を続けたことや、ドイツから派遣された聖霊会シスターの献身的な奉仕によって困難を克服し、今日の基礎を築きました。

キリスト像

大正3年7月 カトリック宣教師ヨゼフ・ライネルス師によって聖霊病院開設
昭和7年 付属救済部「慈善館」創設
昭和8年 託児および児童福祉施設併設(現在の聖霊愛児園、聖霊乳児院、聖霊こども園)
昭和13年 財団法人に組織変更、軽費診療と救護患者収容社会事業病院となる
昭和27年5月 社会福祉法人に組織変更
昭和31年 付属准看護学院設立
昭和43年 建て替え工事完了(鉄筋コンクリート化)、金沢聖霊総合病院と改称
昭和53年3月 付属准看護学院廃止
平成20年11月 健診センター開設
平成27年3月 建て替え工事完成、助産師外来開設

病院聖堂 【金沢市指定文化財】

 大正末期から昭和初期にかけて15年間日本に滞在したスイス人建築家マックス・ヒンデル(1887-1963)の設計により昭和6(1931)年に完成しました。各地でカトリックの教会堂建築を多く手がけたヒンデルの作品はロマネスク様式を採り入れたものが多く、当院聖堂もその一つです。

 聖堂の内部には、金沢の伝統工芸である黒漆や金箔が施され、加賀藩ゆかりの高貴な色「群青色」のアーチが目を引きます。伝統工芸と木造で再現されたロマネスク様式が融合した貴重な建造物として平成18(2006)年に市の文化財に指定されています。

聖堂内観聖堂外観聖堂写真聖堂写真

【建築概要】
木造平屋建 238㎡、設計者:M.ヒンデル、施工者:岩永伊勢松

PAGE TOP